晩秋の青梅 プロローグ 
ずっと行ってみたかった、青梅。
同じ都内なのに、いや、都内だからこそ
近くて遠い存在だった。

ふらりと散歩できる場所ではないけれど
旅行というほどでもない、そんな位置づけ。
でも、着物で紅葉を愛でようと考えたら
まっさきに浮かんだのだ。

期待を胸に、初めての青梅へ足を踏み入れた。
次へ
もくじへ