岡本ふたり歩き 1 
 
 「東京は坂道が多い」と言われている。下町側に住む私にはあまりピンとこない話だったが、山の手側は地形に沿って道が広がっていて、坂道も多いことに最近気が付いた。世田谷のあちこちにも、情緒ある坂道を見つけることができる。

 傾斜が急な坂道を上るのは決してラクじゃないのに、吸い寄せられるように近寄って、ゼイゼイ言いながら上ってしまう。その先には何があるのか、ワクワクしながら上る時間は魅力的だ。

 長い階段の先には、樹木に囲まれポツリとたたずむ、下山稲荷。息を切らして上った甲斐のある景色だった。

前へ 次へ
もくじへ