人形町どぶろく祭り プロローグ  

着物を着ていると、知らない人に呼び止められることが多い。

浴衣なら「今日はお祭りでもあるんですか?」
着物なら「あらステキ」「若いのに感心ね」などなど。
そんな交流も含めて散歩なのだと、私は考えている。

人形町から日本橋にかけて歩くあいだ
いつも以上にたくさん声を掛けられた。

「羽織の襟は折るのよ」
「腰紐はもっと上にして!」
「おはしょりは人差し指1本分ね」
人形町の和菓子屋で、日本橋の上で
私が見よう見まねで着た着物がどんどん直されていく。
時々「襟合わせはなかなかいいわよ」
なんて言われて、少しいい気分。
去り際まで「長襦袢の襟は下から引っ張るのよ!」
と世話を焼いてくれる。

着付け教室など行かなくても
普段着物の師匠は街に溢れているのだ。

人形町の割烹で働くおかみさんは
着物の下にもんぺを履いて自転車を乗り回し、
店に出るときだけ脱いでいるそうだ。

そういう人に、私もなりたい。
次へ
もくじへ