神田神保町物語 プロローグ  
中学・高校と神保町の学校に通っていた。
正確には、神保町が好きで
学校を選んだようなものだった。

毎日行き来するなかで、一番印象的、
そして一番神保町らしい光景と言えば、
神田古本まつりが開催され
道のあちこちに本が並ぶ姿だろう。

まつりと言えど、主役は書籍。
掛け声もお囃子もないけれど
“静かに盛り上がる”
古本まつりの神保町を
久し振りに歩いた。
次へ
もくじへ