府中くらやみ祭り 2
 一週間に及ぶくらやみ祭りのハイライトは、5月5日の神輿渡御。つまり、この日は子供の日でもある。府中市郷土の森博物館で、鯉のぼりが空を泳ぐ姿を見つけた。

 端午の節句は私にとって、ずっと不思議な行事だった。兜はいかにも男らしいが、なぜ鯉のぼりも飾られるのだろう。
 実は元々、武家出陣の際に立てた幟が起源なのだそうだ。幟を立てることは許されていなかった庶民が立身出世を願い、代わりに鯉のぼりを配したことが始まりだと言われている。

 ……なるほど、兜よりも鯉のぼりに親近感が沸くのはそのためか。出世を狙うつもりはないけれど「女の子だって、ちょっとくらいあやかりたいものだ」と一人思った。
戻る 次へ
もくじへ