府中くらやみ祭り プロローグ
“府中”とは国府、つまりその土地の中心であり、
その名は日本各地に存在する。

私にとって一番身近なのは、東京都の府中。
今でこそ、競馬場のイメージが強いが
大化の改新を機に大國魂神社へ国府が置かれ
江戸時代には甲州街道の宿場町として栄えた。
歴史上、大切な場所の一つである。

その府中が1年で1番盛り上がる
くらやみ祭り当日の府中を歩いた。
 
次へ
もくじへ